減少している

最近のイタチ類の動向

日本に生息するイタチ類としてはニホンイタチ、チョウセンイタチ、オコジョ、イイズナ等が挙げられる。特に近年都市部に増加傾向があるのはチョウセンイタチである。チョウセンイタチはニホンイタチと姿良くにているが、ニホンイタチより胴体の長さに対して尾の長さが長いのが特徴である。 チョウセンイタチは在来種ではあるが、天然の分布は対馬のみであった。しかし、毛皮の採取やドブネズミを退治するために移入したものが放逐され、本州中部以西において広く分布するようになった。そのため、在来のニホンイタチは奥山に追いやられ、県レベルのレッドデータブックにおいて絶滅の危機に瀕している種として記載されている。これらの理由から、イタチ駆除の対象となる種はチョウセンイタチが圧倒的に多い。

イタチ駆除において注意すべき点

イタチの中でも屋内等に住みつき、人が生活する上で危険、不快感を伴うのであれば、駆除するべきである。 イタチ駆除方法として一般的なのは、忌避剤を撒くことである。イタチ類は警戒心が強く、匂いと音で危険を察知する能力が高いので、かなり効果がある。また、イタチ駆除業者が良く使用するのは生け捕りにする方法である。忌避剤を使用しても戻ってくる可能性があるため、確実に捕獲することが最善策である。イタチは肉食であり、鶏肉などを入れた罠で捕獲するが、人の匂いが罠についてしまうと捕獲することが困難になる。軍手等を用いて慎重に設置することが重要である。

このエントリーをはてなブックマークに追加